« 離婚しても幸せになる離婚の方法 | トップページ | 事故等の加害者 »

2022年9月24日 (土)

幽体離脱と直葬

人工的に幽体離脱 - SWI swissinfo.ch

スイスとスウェーデンの研究者が人工的に幽体離脱の状態にする事に成功したそうです。

私の師匠は法事中に幽体離脱して亡き人としゃべっているそうですし、家内も幽体離脱をします。(意図せずに)

そういう話を聞いている私にすると不思議でも何でも無い事なのですが、科学が少し追いついたかなと思っています。

ラジオでその事を知ったのですが、その中では「この身体は幽体離脱するようにできている」と言っていましたが、私は肉体に意識が宿るように出来ていて、人によっては幽体離脱をすることが出来るようになっているが正解かなと思っています。

多くの人々は、肉体の私が本来の自分と思っていますが、実はその逆で、幽体離脱している状態が本来の「私」で今私はこの肉体という着ぐるみをまとっている状態です。肉体の死を迎えたときに幽体離脱します。

ですから死んだら終わりと思って生きてきた人々は肉体の死を迎えてびっくりします。生きているときと変わらずに意識がありますから、肉体が自分と思っていますから、「自分はここにいるのに何で自分が見えるの?」と不思議に思うのです。横たわっている亡骸の自分を見ることが出来、行きたいところに瞬時に移動できる、そして生きている人々の心で思っている事も全て伝わってきます。そして既に鬼籍に入って方がお迎えに来てくれる等不思議に思うことだらけです。

葬儀をしてもらい、縁のある方々に沢山参列してもらえた方はそれが、段々と落ち着きを取り戻すきっかけになり、生の執着に対するこだわりが薄れていきます。自身の生き方、ご遺族の行動によって、それに時間がかかる方もいれば、瞬時にお迎えの人々にしたがっていける方等色々です。

葬儀を無駄と考え、火葬だけの直葬だけしかしてもらえない人は生の執着にこだわり続け苦しい死後になってしまいます。そして残されたご遺族も同じ道を歩む結果になってしまいます。

直葬だけで済ましてしまったご遺族が、秋月院に相談に来られます。亡くなったときは深く考えずに直葬をしてしまった御家族の、ご先祖様方が亡き子孫、そして御家族を救うため、ご遺族の潜在意識に訴えかけているのでしょう。
何か判らないがひっかりがあったり、何故かすっきりしない方は、それを受け流さないようにして下さい。人生チャンスの時です。それを逃すのはもったいないです。

葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、自然葬、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 https://www.syuugetuin.com/

 

| |

« 離婚しても幸せになる離婚の方法 | トップページ | 事故等の加害者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 離婚しても幸せになる離婚の方法 | トップページ | 事故等の加害者 »