« 大掃除 | トップページ | 恋と嘘 »

2017年7月30日 (日)

お盆

秋月院のお盆の行事であります。山門施食会は無事に厳修できました。

8月は多くのお寺で厳修されます。

施食会は本堂で厳修されますが、本尊様とは反対方向の入り口に棚を設けて、本尊様にお尻を向ける形で供養を行ないます。
普段は知っているご先祖様の供養ですから内に向かって(本尊様に向って)供養しますが、施食会は有縁無縁三界万霊に供養するために外に向って供養します。縁のある人ない人、過去現在未来のすべての方に供養をささげます。

私たちは両親がいます。そしてそれぞれの両親にはまた両親がいます。
つまり
一代前は2人

二代前は4人

三代前は8人

四代前は16人

五代前は32人

六代前は64人

七代前は128人

八代前は256人

九代前は512人

十代前は1024人

私たち一人にこれだけのご先祖様がいるのです。

私たちには兄弟がいて、親戚がいて、恩師がいて、職場関係の人がいて、恩人と思ている人もいることでしょう。そういう方に支えられて今があります。
十代前のご先祖様にもそういう方がいて支えあって生き、今の私たちがあるのです。しかしそういう方々を、もう知る由はありません。親戚ですら他人様になってしまっています。

ですが、そういう方々がいたことを忘れてはなりません。一年に一度だけはそういう方がいたことを認識し思ってあげることが大切です。ご先祖様にとってのお盆は、子供たちが楽しみにしているクリスマスと同じです。特別なのです。生きている私たちだけが楽しんでいたら罰があたりますよ。

それが
「お盆には山に行ってはいけない」
「川に入ってはいけない」
「海に行ってはいけない」
ということでしょう。今年の夏はニュースにならないことを祈ります。どうぞ考えた行動を心がけてください。

関東では、お塔婆をあげる風習があります。それも自分の家だけでなく親戚のご先祖様にもあげるのです。

お盆やお彼岸にはお墓に、真新しいきれいなお塔婆がたくさんあがります。子供のころバレンタインにチョコの数を競った方もあるでしょう。単純に数が多いのも嬉しいのです。お塔婆も同じです。そしてなにより古いお塔婆はお化けのイメージがありますが、新しいお塔婆はありません。明るくて良いですよ。

是非皆さんも、お盆はお墓参りだけでなくいつもとは違うプラスアルファができると良い供養になり、それが皆さんの幸せに返ってきます。お墓のある菩提寺さんに依頼すればお塔婆を書いてくれると思います。
ない風習は作ればいいのです。
風習は誰かが勇気をもって行動を起こし始め定着したことです。
あなた様がその誰かになったら素晴らしいことです。

ちなみにお盆には皆さんのお宅でもお仏壇からお位牌を出してお祀りしませんか?
これもお寺の施食会と同じ意味です。すべての方にです。

良いお盆をお迎えください。

葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 http://www.syuugetuin.com/

| |

« 大掃除 | トップページ | 恋と嘘 »

供養とは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お盆:

« 大掃除 | トップページ | 恋と嘘 »