« 斉藤理玖君の死から学ぶ | トップページ | 集団的自衛権と先祖の警告 »

2014年6月23日 (月)

今の時代に感謝

先日家内が夜救急車にお世話になりました。

点滴、投薬で様態は安定し一安心しました。

もしこれが50年前であればただ右往左往し苦しむ家内を見守ることしかできなかったはずです。辛いことです。

日本の救急車は昭和6年に初めて大阪で導入されたそうですが、普及したのは昭和39年の東京オリンピック以降のようです。

そう思うと現在は、救急車があり、救急病院があり、良い薬が開発され、ありがたい限りです。

しかしながら世の中は完璧ではなく不平不満なことがたくさんありますが、まずはありがたい世の中に生かさせていただいていることに先祖をはじめ不遇、苦労の人生を歩み最後を迎えた方に感謝し過ごしていきたいものです。

葬儀、法事、供養、墓地とお墓の相談は川崎市の秋月院へ http://www.syuugetuin.com/

| |

« 斉藤理玖君の死から学ぶ | トップページ | 集団的自衛権と先祖の警告 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

奥様、大変でしたね。
救急車、夜間診療、休日診療などは、本当に困った時に頼りになります。点滴の針も昔と思えば細くなり、痛みも少なくなったと思います。

今の時代、色んなことに恵まれています。
住職のブログで、改めて感謝の気持ちを持てるようになりました。ありがとうございました。

奥様、ご無理なさらないでくださいね。

投稿: いっちー | 2014年6月23日 (月) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今の時代に感謝:

« 斉藤理玖君の死から学ぶ | トップページ | 集団的自衛権と先祖の警告 »