« 人生の苦楽 | トップページ | 贅沢 »

2011年8月10日 (水)

人は互いに支えあう事が幸せの人生

先日一か月ぶりぐらいにブログの更新をしましたら、

電話がかかってきまして家内がとったのですが、更新してくれたんですね、楽しみにしています。」というような内容だったそうです。

ありがたいことです。

最近このブログを更新することが、人々の為になっているのだろうか?自分の一人よがりのもので意味があるのか?
と疑問だらけの日々でした。

その日々の中、頂いたお電話に感謝しております。

私は以前のブログにも書きましたが、睡眠障害、鬱で長いことすっきりできずに苦しんでいました。自分で鬱に入っているなとはわかるもののどうすることもできないのです。朝起きるのが辛く、布団の上げ下げすら苦痛でした。どれだけ寝ても寝たりないのです。ただ幸いなのは病気とは思わなかったことで、薬に頼ることがなく済みました。

いつか必ず時が解決してくれます。

辛い時は毎日でも先祖のお墓詣り、近くのお寺、神社へお参りをすることです。
そしてお願いではなく日々過ごせることを感謝し、手を合わせるのです。

そして地域の奉仕作業、神社やお寺の奉仕作業に参加すること、また散歩ついでに空き缶等のゴミ拾い等人々の為に体を使うことです。

何をしていてもつまらないく、億劫になりがちですが、ぼーと一日を過ごしてしまうと、余計に空しくなります。一日一つでも間接的でかまいませんので他人(自分以外の方の事)の為に動くことです。

出歩くときは、辛い気持ちを心の奥にしまう努力をすることです。「辛い」「死んだら楽になる(※死んでも楽になりません)」という思いを家の外で思ってはなりません。特に駅のホーム、踏切、よく事故が起こるところ等を通るときは気を引き締めることがとても大切です。そこで亡くなった同じ思いを持っていた方と波長が合ってしまうと連れて行かれてしまいます。連れていかれても楽にはならないので、波長の合う仲間をそこで何十年、何百年も待ち続けることになってしまいます。ですから同じところで事故が起こるのも原因のひとつです。

辛いですが厳しいことを言う方から逃げないことです。正しく神仏を大切に感謝して過ごすことができれば必ず道が開けます。

人生とは死ぬまで悩みがあるものです。一つ解決すればまた新たな悩みがでます。それが生きていくということであり、そこに人生の価値があるのです。

このブログに縁のある方、秋月院に縁のある方が、日々をニコニコと過ごせる日が来ることをご祈念申し上げております。

暑い日が続きますが、ご自愛ください。

葬儀、法事、供養、墓地とお墓の相談は川崎市の秋月院へ http://www.syuugetuin.com/

| |

« 人生の苦楽 | トップページ | 贅沢 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人は互いに支えあう事が幸せの人生:

» うつ病 症状・チェック [うつ病治療法]
うつ病は、心が風邪を引いた状態です。 決して特別ではなく、心が弱ったときは誰でもかかる可能性があります。 うつ病は治療を受ければ治る病気なので、正しい知識をもつことが大切になります。 [続きを読む]

受信: 2011年8月11日 (木) 00時25分

« 人生の苦楽 | トップページ | 贅沢 »