« BALLAD名もなき恋のうた | トップページ | 直葬 »

2009年9月24日 (木)

占いの運命は変えられる

占いの結果に気持ちが左右されやすい方。

占いで悪いことを言われても落ち込む必要はないですよ。

それより怖いのは、良いことを言われて安心してしまうことです。

ある葬儀で故人の奥様が、「若い頃主人の手相を見て生命線が長いから長生きする。本人もよくそう言っていたが、亡くなる1週間前に見たらその生命線が消えていました」

手相は変わるのです。

占い等は今の時点においてそのまま努力等していけばそうなると言うだけで、安心して努力等をしなくなれば、当然未来も変わるのです。

それが、運命です。

しかし変わらない運命もあります。それを宿命と言うのです。

それは一見、不幸に見えるようなことです。例えば、倒産、リストラ、試験の不合格等です。それはどんなに努力しても変えることが出来ないものです。もちろんそうなる前の今の時点ではそれは分かりませんから精一杯頑張る必要がありますが、その結果がそうであっても、実は不幸なことではないのです。

何故宿命があるのかと言いますと、その出来事を通して学ばなければならないことがあるから、私たちが生まれる前に自分でうまくいかないように人生を計画してあるのです。ですからどんなに頑張ってもダメな時はダメなのです。

宿命を受け入れて、正しい愛のある選択をしていければ必ず道が開けていきます。本当に不思議なぐらいです。その結果「あの苦労はこの為にあったんだ」と気がつける日が来ます。

不幸なことはその宿命を受け入れることが出来ずに人を責め、他の責任にして、愛の無い行動をしてしまうことです。

つまり辛い事が起こったことが、不幸なことではなく、その後の選択が本当の不幸な結果にしてしまい「あれさえうまくいっていればこうならなかったのに」となってしまうのです。

辛いことを試練ともいいます。試すと練習の練です。練習は努力です。努力できるかを試すために試練、辛い宿命があるのです。

たとえ今現在、愛の無い間違った行動を起こしてしまっていても今からでも遅くはありません。ゲームのように敗者復活戦があります。私たちの目に見えないものに感謝の気持ちを忘れないことです。その見えないものとは神様、仏様、ご先祖様、守護霊様なのです。近くの神社、お寺にお参り下さい。何があっても信じる気持があれば必ず良い方向に向かいます。

「今日も何も良いことがなかった」と言う幸せな方は今の何もないことの幸せに気がつき感謝して過ごすことです。

私は「今日まだ宿命の試練が起こらなかった。有り難い。」と思ってしまいます。しかしその日に間違いなく一歩一歩近づいているのでしょう。

葬儀、法事、供養、墓地とお墓の相談は川崎市の秋月院へ http://www.syuugetuin.com/

| |

« BALLAD名もなき恋のうた | トップページ | 直葬 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 占いの運命は変えられる:

« BALLAD名もなき恋のうた | トップページ | 直葬 »