« 手作りお弁当 | トップページ | お仏壇 »

2009年8月12日 (水)

人生の目標はいつですか?

子供の頃、ドラマや、テレビの映画等を観ていて、ハッピーエンドで終わり、主人公のその後の人生が気になって仕方なかった覚えがあります。なんで最後まで(死ぬところまで)やらないのか疑問でした。

のりピーが逮捕されました。私たちはともかく本人も逮捕されるまで「酒井法子」から「酒井法子容疑者」になるとは思っていなかったと思います。

新聞の年金の話題の欄にはバブル期には年収10億あった方が、今はすべてを失いアルバイト生活で年金を納めたのは会社員だった10年しかなく年金が支給されずに厳しい生活とありました。年収10億あった時は、今を想像できなかったと思います。

私は仕事柄火葬場へよく行きますが、そのたびに「自分はいつここで焼かれるのかな」と考えています。そして自分はどういう最後を迎えるのかと考えています。必ずその日は来るのです。秋月院の先代御住職(諸事情により寺を去った為)のことを考えると、その日が無事に来たのであれば嬉しくも思います

夢がないと思われるかもしれませんが、人生の最後を受け入れることが出来なければすべてが幻と思います。私たちが一般に描いている夢、目標は人生の中間地点でしかないのです。最終的には死ぬまで分からないのです。「受験に受かること」「就職できること」「会社で出世すること」「健康で過ごせること」「お金もちになること」「素敵な恋人に縁があること」「子宝を授かること」等夢、目標はそれぞれにまだまだたくさんあることでしょう。それらを得ることが出来るまで苦しみになり、仮にそれらを得てもまだ人生は続くのです。それらが幻になる可能性はあるのです。

その後それらを失う日が来たときにはまた苦しみに変わるのです。そして最後には、病気、老い、死が待っています。

私たちはお金をたくさん儲けて、贅沢な暮らしをするために生まれてきたわけではなく、それぞれの立場で、学ばなければならないこと(苦しみ)を経験して正しい選択をすることを目的に生まれてきたのです。

私たちは家族で1泊の温泉旅行に行った事もなく、家内は秋月院に来てから実家に数時間の滞在で泊まった事もありません。私から見ると可愛そうと思うのですが、本人はそうでもなさそうで「家がきれいなことが喜びになる」と仏様のような家内です。そんな家内でもいつか屋久杉が観たいと思っているようですが、私はその縁があることを祈っています。

外的な夢を叶えることが幸せではありません。人生の真の意味に気がつき内的な心の仕組みを変えることが真の幸せになります。それが信仰です。

年を取っても、お金がたくさんある時も今と変わらない節約した生活を心がけることができれば幸せと思っています。

さて皆さんはどんな夢、目標にしますか?

葬儀、法事、供養、墓地とお墓の相談は川崎市の秋月院へ http://www.syuugetuin.com/

| |

« 手作りお弁当 | トップページ | お仏壇 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生の目標はいつですか?:

« 手作りお弁当 | トップページ | お仏壇 »