« 新入部員 | トップページ | 兄弟仲良く »

2009年5月12日 (火)

幸せな人生を過ごす方法

幸せの価値観は人によって違いますから、「これをすれば、これが有れば」と言っても、誰にも当てはまる完全なものはないでしょうが、少なくとも私は幸せを感じています。

私は毎朝、お経の時「世の中の人々が幸せに生きていくことが出来ますように」と祈っておりました。(間違いなくその中には自分も入っております。)がある日から、、「世の中の人々が今の幸せに気がついて生きていくことが出来ますように」と変えました。

そのある日、「はたして今の私たちは幸せではないの?」と思ってしまったのです。人間ですから「あれが欲しい、ああなって欲しい」と言う欲があると思うのですが、それが叶ってもきっと次の欲が出てきりがありません。どんなに事業が成功してお金がたくさんあってもそれで満足している人はそんなにはいないはずです。常に誰かと比べているはずです。その比べる多くは物質的なものです。しかし「事業が成功していいな」と比べられた人も実は満足していない。常にもっと、もっとと事業を拡大していくのです。つまり満足していない、幸せではないのです。またはお金は満足していても、何かがないということもあるでしょう。逆に私のように贅沢もできなければ、家族でホテル等に泊まるような旅行ができなくても幸せを感じている人もいるのです。

つまり幸せは人と比較していては絶対に幸せになれません。今の幸せに気がつかなければ一生幸せになれません。

しかし私はある方と常に比べています。それは60年以上前に生きていた方々です。その方々のご苦労のことを思えば物質的には十分幸せです。狭いながらも住む家はある、つぎはぎではない服を子供たちに着させられる。子供たちにおなか一杯食べさせられる。空襲もない、お国の命令によって明日の命はわからないということもない。ご先祖様に申し訳ないほど物質的には幸せです。そしてなにより家族が元気で過ごせる。     皆様の幸せを毎日祈念いたしております

葬儀、法事、供養、墓地とお墓の相談は川崎市の秋月院へ http://www.syuugetuin.com/

| |

« 新入部員 | トップページ | 兄弟仲良く »

心と体」カテゴリの記事

コメント

本当にそうですね!幸せはいくら探しても見つからない。何故なら人の心にあるものだから…ですね!

投稿: ばキュー | 2009年5月13日 (水) 07時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸せな人生を過ごす方法:

« 新入部員 | トップページ | 兄弟仲良く »