« 霊の討論 | トップページ

2018年1月14日 (日)

亡き父からの応援とメッセージ

平成30年も無事に始まりました。本年も宜しくお願い致します。

家内が朝、子供を駅まで送った帰り、昨年亡くなった父から「〇〇(子供の名前)誕生日だろ」と言われ思い出したそうです。

始発の電車に乗らないと間に合わないということでしたが、定期を忘れ取りに戻ったりして時間が無くなったのですが、不思議と信号が青続きで、前を走る車も、対向車もなく、駅近くの最後の信号で赤になって時計を見ましたら、始発に間に合う時間だったので、最後は慌てることなく運転できたそうです。

父の計らいだったのです。奇跡はたくさん起きているのです。だから亡き方のことを私たちは忘れてはならないし、精一杯の思いを伝え続けることが大切です。それが供養です。

ちなみに成仏できていない方は、亡くなった時で時間を止めてしまいます。亡くなった方は平成30年のカレンダーを見ても亡くなった時の日付けに見えているのです。
薄いテレビを見ても昔の四角い箱のテレビに見えているのです。
津波で流された家の後を見ても流される前の家、町が見えているのです。

成仏出来た方はこちらの日時が理解できているということです。これは新発見でした。

葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 http://www.syuugetuin.com/

|

« 霊の討論 | トップページ

供養とは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539339/66277127

この記事へのトラックバック一覧です: 亡き父からの応援とメッセージ:

« 霊の討論 | トップページ