2018年1月14日 (日)

亡き父からの応援とメッセージ

平成30年も無事に始まりました。本年も宜しくお願い致します。

家内が朝、子供を駅まで送った帰り、昨年亡くなった父から「〇〇(子供の名前)誕生日だろ」と言われ思い出したそうです。

始発の電車に乗らないと間に合わないということでしたが、定期を忘れ取りに戻ったりして時間が無くなったのですが、不思議と信号が青続きで、前を走る車も、対向車もなく、駅近くの最後の信号で赤になって時計を見ましたら、始発に間に合う時間だったので、最後は慌てることなく運転できたそうです。

父の計らいだったのです。奇跡はたくさん起きているのです。だから亡き方のことを私たちは忘れてはならないし、精一杯の思いを伝え続けることが大切です。それが供養です。

ちなみに成仏できていない方は、亡くなった時で時間を止めてしまいます。亡くなった方は平成30年のカレンダーを見ても亡くなった時の日付けに見えているのです。
薄いテレビを見ても昔の四角い箱のテレビに見えているのです。
津波で流された家の後を見ても流される前の家、町が見えているのです。

成仏出来た方はこちらの日時が理解できているということです。これは新発見でした。

葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 http://www.syuugetuin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月30日 (土)

霊の討論

本堂に白木のお位牌(夏以降に亡くなり49日法要が終わった方の)を祀ってあります。

そこに30日についたお餅と、松等をお供えするにあたり、「どうしますか?」と家内がお伺いを立てましたら。「欲しい」という方と「要らない」という方に分かれたそうです。欲しいという方は人はいずれその最後の日を迎えることを理解し受け入れることが出ている方です。要らないという方は人生を諦めきれずにいる方です。結局松は無しになりました。

さて鏡餅をどうしようかと思ったのですが、お寺には喪中はないと言います。
その年に住職の不幸があった場合「今年は喪中ですから何にもしません」とはいきません。寺は寺の行事と檀信徒の行事があります。

そして一般家庭においてこの関東では不幸があって初めてのお正月は鏡餅はお供えしないようですが、生きている人はのしもちを食べます。

昔はお餅は御馳走だったのです。生きている人はその御馳走を食べるのに、仏様だけお預けではなんか寂しくないですか?

自分だけ御馳走を頂くわけにはいきません。というわけで鏡餅をお供えすることにしました。

要らない方には申し訳ありません。

葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 http://www.syuugetuin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月25日 (月)

いぼが取れた

子育てお地蔵さんに帽子をかぶせてくれた方から、いぼ取り地蔵さんにお参りしたら「いぼが取れた」と報告がありました。二日に一回お参りしていたそうです。

いぼ取り地蔵さんも寒くないようにしてくださいました。

Dsc00165_2

私たちが、信心をもち、行動を起こせば奇跡は起こるのです。

葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 http://www.syuugetuin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月21日 (木)

寒いというお地蔵様

Dsc00162


ご存知の方もいると思いますが、家内は私たちが聞くことが出来ない声を聴くことが出来ます。

その家内が、お地蔵様が「寒くなった」と言っていたそうです。

そんなわけで、毛糸の帽子等を着つけました。

その話をある方にしましたら、お母さんのお地蔵様の頭が寒そうだからと伸びる帽子を頂きました。ありがたいことです。

私たちは物に対して、無機質なものと思いがちですが、決してそうではないのです。あなたの周りの物に対して感謝の心をもつと良いことがありますよ。

葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 http://www.syuugetuin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月19日 (火)

お礼の手紙

先日お礼のお手紙を頂きました。

「ご住職様

 先日は色々な貴重なお話と、私たちのお話に熱心に耳を傾けて下さりありがとうございました。 
 ご住職様のご祈祷とお参りのかいあって重傷だったにも拘わらず、みるみる内に良くなってまいりました。これもご住職様のおかげです。~省略~またご迷惑をお掛けしますが、引き続きご祈祷宜しくお願い致します。私もできる限りお参りしたいと思います。
寒さがいっそう増し風邪も流行してまいりましたが、ご住職様、ご家族様もお風邪召しません様、ご自愛くださいせ~省略~」

嬉しいです。

何が嬉しいかと言いますと、仏様のご利益を感じてもらえたことが嬉しいのです。

私の目指しているところは、たくさんの方が秋月院の仏様のご利益を感じお参りしていただくことです。それが秋月院の山門繁栄につながると信じています。

葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 http://www.syuugetuin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

病気平癒御祈祷の縁

客人が来ました。

話を聞くと、五十年ほど前に当山二十世の住職に弟のおー脚を治してもらったことがあるそうです。その当時巷では、先生、先生と言ってとても有名だったそうです。ただ寺の住職とは知らなかったそうです。

昭和三十六年に遷化されたご住職ですが、いつかは不明ですが、秋月院にはお住まいではなく、都内にお住まいでした。そんなわけで今現在の秋月院の檀家でこのご住職のことを知っている方はいません。

何で秋月院を出ていったのかこの十年来の疑問でしたが、今回の来客で何となくわかりました。このご住職は霊的な力をもっていて病気平癒の御祈祷をしていて、秋月院の田舎では収まり切れなかったのではないだろうかと思います。

私が病気平癒の御祈祷を始めたのも、このご住職の力が働いたのかもしれません。そして病気が治るのもこのご住職の力が働いているのかもしれません。

ありがたいことです。これからも人々の為にも精進して生きなくてはとおもいました。

葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 http://www.syuugetuin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

病気平癒の御祈祷

お檀家の方が病気と聞けば、毎朝名前を読み上げ御祈祷を厳修しています。

始めたきっかけは、秋月院を良くするために一生懸命な方が、病院で癌の再発を言われたそうです。それから、病気平癒の御祈祷を毎朝始めました。

そして、次にお会いした時に聞きにくかったですが、「体の方はどうですか?」と聞きましたら、「癌ではなかった」という言葉を頂きました。今もお元気にお過ごしです。

それから、お参りに来られた方、誰でも病気平癒の御祈祷を厳修しようと決めました。
ただお檀家以外の方は病気が治ったかどうかわからないですし、御墓もありませんから一ヵ月に一回はお参りに寄っていただくためにも、名前と住所を月に一度賽銭箱に入れて頂いています。

先日、難病が治ったという方が来られました。最近調子がいいので病院に行き、難病の症状がでなかったので難病認定から外れたそうです。

私はご利益と感じています。もちろんその方の努力もあってのことだと思っています。

その方は、私から見てご先祖様に対しても、仏様に対しても良い方向を見て、生きていることを感じます。

他人にそう思われるようになることとかなと思います。

「どうすれば、そう思われるの?」と思っているうちは、まだまだの時でしょう。

どうぞ秋月院にお参りください。

葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 http://www.syuugetuin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

ホームページリニューアル

寒くなりましたがお変わりありませんか。

ホームページリニューアルしました。

ご感想をいただけたら嬉しいです。

http://www.syuugetuin.com/

葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 http://www.syuugetuin.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

天命

60歳の方の供養をさせて頂きました。

私は間もなく50歳です。そう考えますと後十年の命かなと思います。いや十年無いかもしれません。

これを暗く、マイナスに思う方も多いと思いますが、「プラス」と思える生き方が正解だと思います。

何年後かはわかりませんが間違いなくその日が来るのは100%です。それはどうしようもないことです。どんなに楽しくすごしても、たくさんのお金があってもみんな寿命があるという意味では命は平等です。

私は逆に、お金がたくさんある方の方が不幸とさえ思えます。大体のことはお金で解決できる世の中ですが、命はどうしようもありません。

普段から思い通りにいかないというほうが、命の限界を受け入れやすい土壌があると思います。

自分に選択肢のない人生に悩むことはもったいないです。つまり他人と比べるということは悩むだけもったいないことです。他人は他人の人生があり、自分の人生にはならないのです。

今ある幸せに気が付きましょう。

私は平凡な人生ですが、今、頂いた炭で頂いた秋刀魚を焼くがために火をおこしています。なかなか炭に火が回らないのでその合間を見ながらブログを書いています。

今日は炭で焼いた秋刀魚が夕ご飯です。無事に終わりそうな今日一日それが幸せだと思います。

幸せは、皆さんの周りにたくさん転がっていますよ。それを見つけられるかはあなた次第です。

私と共に真の幸せの人生を歩みましょう。

葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 http://www.syuugetuin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

見守り

高校生の息子が、友達3人で学校の帰り歩いているときに、ワイシャツの第一ボタンをはずして歩いていました。

二人目は歩きスマホ、三人目は普通に歩いていました。

それを先生に発見されました。

三人とも同罪で、部活の新人戦出場停止処分が下されました。

当然のことながらかなりショックな様子でした。

厳しい学校ですが、社会に出ればもっと厳しいこと、たくさんありますからその訓練と思えば仕方ないことだと思います。これからは身を引き締めて生活してもらいたいものです。考え方ひとつでこの厳しさがプラスに生きていきます。

会社の試験後会社を出て煙草を吸っていてるところを、人事の人に見られていて不採用という話を聞いたことがあります。常にみられていることを意識しなくてはなりません。
最近有名な方が不倫でニュースになっていますが、有名な人ですから、みんなに見られていて当然と私は思うのに、不思議です。脇が甘くなってきている現代です。

話をもとに戻しますが、ちょうどお彼岸に入る時で、家内がお墓のお花を替えに行きました折、心の中で「なんとかなればいいのに」と思っていましたら、「何とかなるかもしれないよ」との声が聞こえてきたそうです。

私たちのことを気にかけてくれている人がいます。

日々感謝して過ごすとともに、身を引き締めて生活をしたいものです。

その夜、「出れるようになった」と嬉しそうな顔をして帰ってきました。

しかし、家族はその連帯責任をおっています。朝早く登校して掃除をするために、家内はお弁当作りの時間が早くなりました。そして最寄りのバス停からはバスが出ていないため、早朝でもバスが通るところまで車で送っています。

葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 http://www.syuugetuin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«死後にも私たちの力になってくれます。