2017年7月11日 (火)

大掃除

7月17日の海の日は、施食会に向けての大掃除です。毎回たくさんの方にご協力いただき有難い限りです。先日イチョウの枝伐採中に落下しましたが、その時に切った枝を運んでいただいたり、草を刈ってもらったり、堂宇内の掃除で、一時間ほどで終わります。お寺の為と快く協力して下さる皆さんには、きっと私と同様に仏さまのご加護があります。

自分の損得抜きにして、他のために行動を起こせる方は必ず、他から助けられていきます。

これが布施というものです。

皆さんも布施のできる人になってください。人生良い縁に結ばれて行きますよ。

少なくとも私はそのおかげで、良い縁に恵まれてきました。

葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 http://www.syuugetuin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

はしごから落ちました

はしごに乗り、チェーンソーで枝を払っていましたら、切った枝がはしごに当たり、はしごさら倒され落ちました。P1010533

コンクリートの上にお尻から落ちたのですが、どっこも痛くないのです。コンクリートの上に布団が敷いてあるようでした。高価なチェーンソーも無事でした。

仏様に守っていただいたと感謝しております。これがご利益というものです。

有難いことです。

私には、まだ元気に生きなければならないお役目があるようです。

皆さんも間一髪で助かったということが人生で一度二度あると思いますが、その時には仏様に守っていただいているのです。ラッキーで済ませてはもったいないですよ。

何ごとも安全第一を考え無理をしないことですが、残念ながら事故はその隙間をついて起こります。
日頃、信仰、信心の心をもちそれを具体的に行動に起こすことです。割と簡単なことは「布施行」です。心ひとつでできます。お金でも、物でも、時間でも他のために使うことです。お礼も言ってもらえない神社、お寺、神様、仏様、ご先祖様に使えたら最上級の布施行です。

葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 http://www.syuugetuin.com/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

日本の将来はどうなるのか

少子高齢化と言われて久しいです。

昔は子だくさんによる、口減らしで寺に預け、そのまま出家して僧になることが多くありました。

私の修行しました。豊川市の豊川稲荷(妙厳寺)では夜高校に通い昼間はお寺で修行、また父が修行した戦中戦後は僧侶にならない方は夜学校に行き昼間はお寺での仕事に従事していました。ありがたいことに、その学費は豊川稲荷で負担していただいておりました。

寂しいことに、今年最後の生徒が卒業し、その夜学が閉校しました。90年の幕を下ろしました。

少子高齢化、

しかしどこか他人事に思っている日本国民です。

2014年の年金は20歳から64歳の2.2人が1人の65歳以上の方を支えてきました。

8年後の2025年には1.8人の人が1人の方を支えることになります。

33年後の2050年には1.2人の人が1人の方を支えることになります。

私は現在49歳ですから33年後には82歳

その頃に孫がいれば、高校、大学と経済的に大変な時期だと思います。その若い世代1人が1人のお年寄りを支えることが可能なのでしょうか?

子供たちに生んでしまって申し訳ない思いさえあります。

現在20歳の方は52歳

現在18歳の方は51歳

現在16歳の方は49歳

現在13歳の方は46歳

自分のお子様と考えてみてください。

私たちの命は、他人の自己犠牲によって存在できました。

結婚したことのある方ならわかると思いますが、独身の頃の収入は全部自分の自由になりました。結婚後は違いますよね。

お子さんがいらっしゃる方ならわかると思いますが、親が使えるお金はますます減ります。

親世代の犠牲によって私たちの命は繋いでこれたのです。

ただ、昔の方は犠牲とは思うことはありませんでした。

年頃になれば嫁を取ること、嫁に行くことが当たり前でしたので犠牲と考えることはありませんでした。

周りの人も「そろそろ嫁にいってもらわねば」「いつまでも一人じゃ」と子供に言えましたから自然とその方向に向かっていきました。
そして戦時中はお国のために「産めよ増やせよ」という時代でした。

私たちは不幸なことに頭が良くなり、計算するようになり、世代間の自己犠牲ができなくなってしまいました。

権利の主張、個人の自由が行き過ぎると民族が滅びてしまいます。ほどほどに。

ただ地球全体で考えれば大した問題ではないとも言えます。

皆さんにとってはどっちですか?

わたしは、子供たちに「生まれてよかった」「産んでくれてありがとう」と言ってもらえる日本の未来にしたいです。

葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 http://www.syuugetuin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

僕運命の人です。

ドラマ「僕運命の人です」御覧になりましたか?

先日最終回でした。やっとビデオで見る時間ができました。

そこでのセリフです。

誠   「人生で一番つらかった日に偶然声をかけてくれた晴子」

晴子  「人生で一番つらかった日に偶然声をかけてくれた誠」

誠   「最初は運命なんて何の役にも立たないと思っていた」

晴子  「最初は運命なんて気持ち悪いだけだった」

誠   「でも少しだけ信じてみようと思った」

晴子  「でも信じるのが怖かった」

誠   「信じて走り出すと不思議なことが次々と起こった」

晴子  「不思議な出来事が少しずつ心を溶かしっていった」

誠   「きっと運命とは諦めずに信じ続けたものだけがたまに受け取れる
     ご褒美のようなものだ」

晴子  「きっと運命とはただの偶然だと切り捨てていたものの中に
     紛れ込んでいる宝石のようなものだ」

誠、晴子「運命なんてないと思っていた」

「運命」を「ご利益」と言い換えてもいいかもしれません
私自身の人生を振り返ってみますと数多くの不思議なことが起こっています。

「神」「仏」「ご利益」「運命」を信じる努力をすることです。

即効性はありませんが、何があっても信じ続けることが大切です。

「運命」「ご利益」を実感できるまでの出来事は、あなたか信じ続けることができるかどうかを試されているのです。

神仏を信じる方が減っている現代、実行されないご利益があふれています。チャンスですよ。

秋月院だけでなく、お近くの、社寺、たまたま通った社寺にも「感謝の心」で通り過ぎてください。できればお参りを。

葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 http://www.syuugetuin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

戦争のない世界にするには

人類の歴史は、戦い等、戦争の繰り返しです。

これが人類です。

しかし人類の目的は、そこから脱却することです。

世界各国の情報が入る時代なりましたので、そろそろその愚かさに気が付けるはずですが、相変わらずです。

これは子供に「はさみは危ないから」と注意するのと同じです。自分で手を切って痛い思い、怖い思いをしないとはさみの本当の怖さがわからないのです。

私たちはいつまでも子供のままではいけません。先人たちの苦労、失敗を通して学び理解し、大人にならなくてはなりません。

まずは、食べるものもない、着るものもない、住むところもない時代を必死に生き命を繋いでくれたおかげで今私たちはここに存在していることを忘れてはなりません。そして感謝をし今幸せな分をお返しすることが絶対に大切なことです。
このことを忘れかけ自分の楽しみしか考えなくなっていることが、難しい時代になりつつあることに気が付かなければなりません。

わたしのブログを見てなるほどと思える人が増えれば世界は平和になります。
関心がないということは危険信号だと認識していただきたいと思います。

今川崎市宮前区市役所、市民館で「平和のための原爆展」が開催されています。
次世代につないでいくこの活動はとても大切です。是非皆様もそれぞれの地域でそのような活動が有りましたら、お子さんやお孫さんを連れて出かけてください。

宮前市民館で「この世界の片隅に」が上映されます。Img_2

6月9日

10時30分、13時30分、16時、18時30分

是非子供や、孫をつれて観てください。

990円

登場人物を自分や自分の家族と思いみてください。そうすれば自然と過去の方を大切にしてあげたいと思えます。

Img_0001葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 http://www.syuugetuin.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

やったー願いが叶った。

この一か月、お経を頼まれる回数が減りました。

何でかなと考え、思い出しました。

ちょうど一年前、兄に「今が人生のピークなんだ」と話をしたのです。

兄には「ピークは上がって、下がった時にわかることだろ」と言われその通りと思ったのですが、私の思いは人生願った通りになり、夢が叶ってありがたいという感謝の思いで発した言葉だたのです。

そして今、そのピークという願いが叶ったのです。

これによって私たちが願ったことが、良くも悪くも叶うことの証明ができたのです。

嬉しくなりました。

願いは私たちの本心は関係なく、願ったことが叶うということが解ったのです。

願いが叶わないという方は、「願いなんか叶わない」と願っているからその願いが叶っていることに気が付くことです。またはじめは信じて一生懸命夢が叶う方法を実践するのですが、途中で「願いは叶わない」という願いに変えてしまっているのです。例えるならば、行列のできるお店にせっかく並んだのに「やめた」と列を離れることと同じです。実はもうちょっと待てば自分の番だたのです。もったいないことです。

また「しあわせになれますように」と願う方がいると思いますが、お寿司屋さんへ行って「お寿司下さい」と言っているようなものです。お寿司屋さんには「具体的に注文してください」と言われることでしょう。

そして、最も大切なのはまずは仏さまとのパイプを築くことが必要です。
あなたのところに突然「願い叶えて下さい」と来る人が居ても「ハイわかりました」とはならないですよね。まずは時間をかけて損得抜きにしてお付き合いし親しくなり、信用してもらうことが必要です。
まずは感謝「ありがとう」です。喜捨をしてその証明(本気度)をするのです。

信じ実行できる人だけが幸せになるのです。

人生は敗者復活戦があります。あなた次第でいつでも復活できます。

幸せになりたい人は秋月院へご来山ください。お待ちしています。

葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 http://www.syuugetuin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

牡丹が開花しました。

牡丹の花が開花しました。お参りにお越しください。

P1010463


P1010459

葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 http://www.syuugetuin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

新しいタイプのお墓開園

新しいタイプのお墓を建立いたしました。

詳しくはhttp://www.ekiten.jp/shop_3066697/

1p1010445

葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 http://www.syuugetuin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

18年落ちの車

P1010457


次男が自動車の運転免許証を取得しました。

運転席に彼が乗り、私が助手席に座りました。

この車は彼が生まれた年つまり18年前に購入した車です。赤ちゃんだった彼が無事に成長し運転席に座り緊張しながら運転している姿を見て、この日を迎えられたことに感謝の思いでいっぱいです。ありがたいことです。

彼が教習中にアクシデントがありました。教習中に追突され、挙句の果てにその車は逃げて行ってしまったことがあります。

秋月院の仏さまのご加護で大きなケガはなかったと信じています。しかし彼は頭の中で次のことが頭を回っていたそうです。「仮免許も取り消しになりすべてがパーになる」

ここでの学びは、万が一の時に逃げてはいけない、それによりもっと大きなペナルティーが待っていること
「ずるい生き方をしてはいけない」ということを教えてもらうためにこの事故が起こったと思っています。

人生すべてが学びです。転んでもただで起きないとはこのことだと思っています。

葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 http://www.syuugetuin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

秋月院の降誕会

P1010443


4月8日はお釈迦様の誕生日です。本堂の前に支度をしましたのでお参りください。

また2時から法要を厳修致します。その後アロマセラピーが行われます。ご希望の方はお電話ください。

葬儀と直葬、法事、水子供養を行い、墓地、永代供養墓のある川崎市の秋月院へお参りください。 http://www.syuugetuin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«